今日から君もラッパー!

ラップのカードゲーム!?「ライムパーティー」が入荷したので遊んでみた

1200x630
こんにちは。素人ラッパーのあらいです。

つい先日、JELLY JELY GAMESより、「RHYME PARTY(ライムパーティー)」というゲームが発売されました!

ラッパーとなり、お題に沿って韻を踏んでいくゲームです。

ちなみに、ラップで韻を踏むことを「ライム」と言うらしいです。
JELLY JELLY CAFEでも取り扱っているので、早速ルールを読んでみました。

・・・・・

ふむふむ、なるほど。

ルール自体は簡単なようですが、僕は1つ大きな問題に気付いてしまいます。

それは…

インストができない!!!
※インスト…インストラクションの略。ゲームのルール説明のこと。

いや、正確には、ルール説明は出来ます。簡単です。しかし、お気付きの方もいるでしょう。

このゲーム、即興ラップで韻を踏まないと勝てないのです!
となると、インストで……

あらい

~~というルールです!簡単ですね~(ドヤ

お客さん「え~例えば、どんな感じでやればいいんですか? お手本見せてくださいよ~」

あらい

え、えーと……




チーン

ということになりかねない!

これはマズイということで、ライムパーティーの特訓をすることに!

師匠としてお呼びしたのは、我らが池袋店店長、たかとらさん!
ミュージシャン時代もあったというたかとら店長なら、きっと完璧な韻の踏み方を伝授してくれるはず…!!

さて、早速特訓スタートです。

ライムパーティーでは、ワードカードを9枚表にし、テーマカードを1枚表にします。そして、ラップのしやすそうな曲を流したら、準備OK! ワードカードを使って韻を踏めるラップを思いついた人から、「俺がいくぜ」などと宣言し、韻を踏んでいきます。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc

今回はテーマが「アニメ・ゲーム」でワードカードはご覧の通り。

あらい

(うーん、全然思いつかない…)

たかとら

はい、じゃあ行きま~す

あらい

え!もう!?

たかとら

海軍たちの、足をストップ 頼れる狙撃手、彼はウソップ

たかとら

王の座を賭けた魔法のラッシュ 俺の相棒名前はガッシュ!!

う…うまい…!
1つ目は、ストップとウソップのU-O-(ッ)U、2つ目はラッシュとガッシュのA-(ッ)Uの音で見事に韻を踏んでいます! しかも、アニメ・ゲームのテーマに沿って、アニメのキャラクターの名前を盛り込んでくるなんて……うますぎる……!
さすが、店長の名を欲しいままにしているだけのことはありますね。

さて、僕も負けていられません。今度こそ踏んで見せます!

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%ef%bc%92
次のテーマは、「口説き文句」です。

口説き文句って何だ。口説き文句って。
なんでこんな癖のあるお題が来るんですかね……

・・・ん?

「癖(の)ある(U-E-A-U)」・・・?

あ!!!!

あらい

はい!次いきまっす!!

たかとら

おっ!

あらい

お前の性格 マジ癖あるけど 俺にとってはマジスペシャル!!

たかとら

おお~かっこいい!!

あらい

(やった!!!韻が踏めた!!!これでインストが出来る…!!)

たかとら

よし、じゃあ次のステップね!

あらい

え? おわりじゃないの

たかとら

ボードゲームの名前使って韻踏んでみようか!

・・・・・・

ということで、もはやライムパーティーは関係ありませんが、ボードゲームの名前を使ったラップを考えてみました。

「相席で遊んだカルカソンヌ 楽しかったから会うか?今週!


「出会いは一緒に遊んだガイスター 勝負に夢中なお前、マジタイプだー!!

「超難しいなハゲタカのえじき だからこそ最高 勝ってからの景色!!!

いかがでしたでしょうか。
これで記事を読んだみなさんはライムパーティーを遊ぶとき、どや顔で「俺ボードゲームの名前で韻踏んでやるよ~」と言えますね。その場にこの記事を読んだ方がいないことを願う限りです。

それでは皆さんも、是非ライムパーティーで遊んでみてください!!

購入はこちら

ライムパーティー公式サイト

「ライムパーティー」お題ワードで即興ラップゲーム

アバター画像

お店にいるのは不定期になってしまったものの、ボードゲームに人生を捧げかけている。新入荷のゲームを一緒に遊んでくれる人をゆる募してます。一緒に遊んでくださいね!
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る