ボードゲーム紹介
単独1位じゃないとダメ!裏をかく?それとも素直にいく?

ハゲタカのえじき

手札の数字カードを使ってハゲタカカードを奪い合う「ハゲタカのえじき」。誰でもわかる簡単なルールで、奥の深い心理戦が楽しめる名作ゲームです。

2~6人用のゲームで、全員に1〜15の数字カードが1枚ずつ15枚配られます。ランダムで出現する得点となるハゲタカカードに対して、各プレイヤーは手札の中から好きな数字カードを1枚を裏向きに出し、「せーの」で一斉に表にします。

このとき一番大きい数字を出したプレイヤーがハゲタカカードをゲットすることができます。大きいカードを出していれば得点を稼ぎやすいと思いきや、カードは使い切りなので、強い数字カードばかり出していると、あとあと弱いカードばかり残ってしまいます。

tumblr_npk3cfgzAW1u0n48do2_1280

また、誰かと同じ数字を出してしまうとハゲタカカードはゲットできません。このときは、次に大きい数字カードを出した人が得点を獲得します。上の写真の場合は4のカードを出した人の勝ちとなり、7点のハゲタカカードをもらえます。

これを繰り返して、全15回戦が終わったらゲーム終了です。一番多くの得点を獲得した人の勝ちとなります。手軽なルールで子どもから大人まで盛り上がれるオススメゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Hol's der Geier
作者
Alex Randolph(アレックス・ランドルフ)  
発売年
1988
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る