ボードゲーム紹介
単独1位じゃないとダメ!裏をかく?それとも素直にいく?

ハゲタカのえじき

手札の数字カードを使ってハゲタカカードを奪い合う「ハゲタカのえじき」。誰でもわかる簡単なルールで、奥の深い心理戦が楽しめる名作ゲームです。

2~6人用のゲームで、全員に1〜15の数字カードが1枚ずつ15枚配られます。ランダムで出現する得点となるハゲタカカードに対して、各プレイヤーは手札の中から好きな数字カードを1枚を裏向きに出し、「せーの」で一斉に表にします。

このとき一番大きい数字を出したプレイヤーがハゲタカカードをゲットすることができます。大きいカードを出していれば得点を稼ぎやすいと思いきや、カードは使い切りなので、強い数字カードばかり出していると、あとあと弱いカードばかり残ってしまいます。

tumblr_npk3cfgzAW1u0n48do2_1280

また、誰かと同じ数字を出してしまうとハゲタカカードはゲットできません。このときは、次に大きい数字カードを出した人が得点を獲得します。上の写真の場合は4のカードを出した人の勝ちとなり、7点のハゲタカカードをもらえます。

これを繰り返して、全15回戦が終わったらゲーム終了です。一番多くの得点を獲得した人の勝ちとなります。手軽なルールで子どもから大人まで盛り上がれるオススメゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Hol's der Geier
作者
Alex Randolph(アレックス・ランドルフ)  
発売年
1988
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る