ボードゲーム紹介
タイルをつなげて点数ゲット着実にいく?それともビッグに?

カルカソンヌJ

ドイツ年間ゲーム大賞2001年 ドイツ年間ゲーム大賞 受賞作品

道や城、修道院などの絵の描かれたタイルを並べて、なるべく長い道を作ったり、大きな城を作ったりするゲームです。
なるべく長い道や城が完成すれば高得点ですが、途中で邪魔をされたりしてしまうので、見極めが肝心です。また、配置したタイルに自分のコマを置いていくことで得点を得ますが、自分のコマには限りがあるうえ、配置したコマは道や城が完成するまで戻ってきません。

世界大会も開かれており、経験者同士だと真剣勝負となるゲームですが、ルールは非常に簡単で初心者でも楽しむことができます。運と戦略のバランスも良く、初心者が経験者に勝つ場合もある名作ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Carcassonne
作者
Klaus-Jürgen Wrede(クラウス=ユルゲン・ヴレデ)  
発売年
2000
メーカー
Hans im Glück(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る