ボードゲーム紹介
繁華街はハンパない!?うまく韻を踏もう!

ライムパーティー

ラッパーとなり、うまく韻(いん)を踏むことを目指す「ライムパーティー」です。

2人から10人まで遊ぶことができます。ワードカードを何枚か並べ、テーマカードを1枚めくり、ラップのしやすそうな曲を流したらゲーム開始です。ゲームの目的は、テーマに沿ったラップを読み上げながら、ワードカードで韻を踏むことです。同じ響きのある言葉を、繰り返し用いることが「韻」となります。例えば、「教科書(kyoukasyo) / 放課後(houkago) / どうだろう(doudarou)」など、母音(a / i / u / e / o)を合わせることが基本的な韻のマナーです。
うまく韻を踏めていれば、ワードカードを獲得し、得点となります。

このゲームに手番はありません。思いついた人からどんどんラップを読み上げていきます。韻(ライム)をリズミカルかつテクニカルに入れ込んで、クールでドープなラップをブチかまそう!

プレイ動画

購入はこちら

ゲーム名
Rhyme Party
作者
白坂 翔  
発売年
2016
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る