【検証】ボードゲームの箱の重さって、プレイ時間に比例するんじゃない?

こんにちは、池袋店店長のたかとらです。

先日ボードゲームの棚を整理しているときにふと思ったことがあります。

「ゲームのプレイ時間によって重ゲーとか軽ゲーとかいうけど、もしかしたらプレイ時間に比例して箱の重さもかわるんじゃない?」

一概にボードゲームと言っても
こんなに軽いものから
light
こんなに重いものまで
heavy
様々な重量のボードゲームが存在します。

もし、この仮説が証明されれば、箱に書いてあるプレイ時間をさがしたりすることなく箱を持つだけでプレイ時間がわかるようになる!革命的だ!

検証してみました!

プレイ時間10分級

ドブル

アルミの缶に丸いカードが入っています。
重量:0.2kg

ラブレター

カードと得点トークンが入っています。
重量:0.2kg

スピードカップス

お題のカードとベルと、プラスチックのカップが入っています。
重量:0.4kg

プレイ時間30分級

あやつり人形

カードとプラスチックのお金チップと木製のコマが入っています。
重量:0.3kg

スカルキング

中身はカードのみです。
重量:0.2kg

キャッスルクラッシュ

木製のコマがたくさん入っています。木以外のものは説明書と得点ボードしか入っていません。
重量:1.3kg

プレイ時間1時間級

カタン

ボードとなるタイルやプレイヤーのコマがたくさん。
重量:1.2kg

枯山水

ボードに配置するタイルと少量のカード、石を模したコマが入っています。
重量:1.7kg

イスタンブール

タイルとカードとプラスチックの宝石コマと木製のコマが入っています。
重量:1.0kg

プレイ時間2時間級

電力会社デラックス

大きなボード、たくさんの木製のコマ、プラスチックのチップ、少しのカードが入っています。
重量:1.6kg

プエルトリコ

たくさんのボード、タイル、チップが入っています。
重量:1.0kg

カヴェルナ

もうなにがなんだか分からないほどたくさんのものが入っています。
重量:2.9kg

結果

同じような重量のものでもプレイ時間にバラつきがでたり、プレイ時間の違うものでも同じ重量のものがあることがわかりました。
つまり、箱の重量はゲームのプレイ時間とは関係ないということが証明されました。

もし箱の重さとプレイ時間が比例していることが証明されれば、方程式を編み出す準備までしていたのですが、非常に残念な結果となりました。

みなさんも、プレイ時間を調べるために箱の重さを量っても時間を無駄にするだけですので、くれぐれもご注意ください。

スカルキングとモダンアートを愛する男。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る