ボードゲーム紹介
ネット投票で1位を取り続けていた名作ゲームです。

プエルトリコ

人を雇い、畑を作り、収穫をしながら財産と名誉を集めていく「プエルトリコ」
完全日本語版ですので、タイルの効果等もすべて和訳されており、プレイしやすくなっています。

3人から5人用ゲームで、プレイヤーは各自のボードを持ち、開拓をしていきます。ボードには建物を建てるスペースと畑を作るスペースがあり、建設や収穫をしたり、商品の生産や売却、出荷をしながら勝利点を稼ぎます。手番では1アクションを選んでその処理をするだけですが、選ぶアクションによっては相手より早く行動できたり、相手に先に建設をされてしまったりします。そのため、自分にとってどのアクションが一番良いのか、相手が何をしたいのかを考えながらプレイする必要があります。

プレイ時間90分から150分のいわゆる重ゲーですので、やりごたえのあるゲームを探している方はぜひ遊んでみてください。

作者
Karen Seyfarth & Andreas Seyfarth  
発売年
2002
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る