ボードゲーム紹介
使うのは様々なアイコン。ちょっと変わった連想ゲームです。

コンセプト

ドイツ年間ゲーム大賞2014年 ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品

?コマと!コマ、複数のキューブとたくさんのアイコンの描かれたボードを使う「コンセプト」。決められたテーマに対して言葉ではなく複数のアイコンで伝える、ちょっと変わった連想ゲームです。

4人から12人以上で遊ぶことのできるゲームで、2人の出題者と、その他のプレイヤーに分かれます。出題者となった二人は、お題を一つ選び、2人でヒントとなるアイコンの上にコマを乗せてそのお題を伝えます。他のプレイヤーがお題を当てることができれば、正解したプレイヤーに2ポイント、出題者プレイヤーに1ポイント入ります。12枚ある2点分のポイントマーカーが無くなったらゲーム終了です。最も多くのポイントを得たプレイヤーの勝利です。

連想ゲームといえば、キーワードやイラストなどを使って伝えますが、このゲームは複数のアイコンを使ってお題を伝えます。大人数で盛り上がることのできるパーティーゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Concept
作者
Alain Rivollet & Gaëtan Beaujannot (アラン・リボレ & ゲートン・ブジェノー)  
発売年
2013
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Repos Production(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

音速飯店

手札の具材カードを叫びながら一枚ずつ出して次々に中華料理を完成させるパーティゲームです。

裏向きで具材カードを配り、全員準備ができたら「ちゅうもーん!」の掛け声でゲームを始めます。一斉にカードを取り、スピード勝負で今出すことのできる具材カードを内容を叫びながら箱に1枚ずつ入れていきます。手札のカードをすべて出し切れると次の試合に進め、出し切れなかった人は脱落となります。試合を繰り返し、最後の1人になった人が優勝です。

この具材に続く料理ってなんだっけ?ラーメンのメンがない!とワイワイ盛り上がります!

このゲームを詳しく見る