ボードゲーム紹介
精霊の森を守れ!!!

リビング・フォレスト

悪しき鬼火から森の聖樹を救うため召集された精霊たちになって森を守るゲームです。
「鬼火を消化する」「木を植えて守りを固める」「神樹サンキを目覚めさせる」の3種類の勝ち方のいずれかの達成を目指しましょう!

カード売り場からカードを購入してデッキを作る「デッキ構築」を、そのデッキをバーストしてしまうギリギリを見極めてカードをめくっていく「チキンレース」の2つの要素が合わさったゲーム性となっております。

各ラウンドは以下の順に行います。

①守護獣フェイズ
全員同時に自分のデッキをめくっていき、「孤立アイコンが3回出てバーストしてしまう」または「自らの意思で止める」のどちらかになるまでカードを公開していきます。

②アクションフェイズ
スタートプレイヤーから順に、公開されたカードのアイコンを参照して、以下の5種類のアクションの中から、バーストしているプレイヤーは1回、バーストしていないプレイヤーは異なるものを2回アクションを行います。

A.欠片トークンを1つ得る
B.太陽アイコンの数値分のコストまでカードを購入し、デッキの上に置きます。
C.水アイコンの数値分まで鬼火を消化して、炎トークンを得ます。
D.風アイコンの数値分まで精霊の輪ボード上の自分の精霊スタンドを進め、止まったマスの効果を得る。
また、他のプレイヤーの精霊スタンドを追い越したらそのプレイヤーから任意の勝利要素タイルを奪う。
E.葉アイコンの数値分以下のコストの護りの木タイルを1枚得て、自分の森ボードに配置する。

③ラウンド終了フェイズ
次のラウンドの準備を行います。

以上を繰り返し、アクションフェイズ終了時に以下の3種類の勝利条件のいずれかを満たしたプレイヤーが勝利です。
A.自分の森ボード上に配置された護りの木タイルの種類数と護りの木の勝利要素タイルの枚数が合計12以上になる。
B.ゲーム中に得た炎トークンの枚数と炎の勝利要素タイルの枚数が合計12以上になる。
C.このラウンドでめくられたカードの花アイコンの数と聖なる花の勝利要素タイルの枚数が合計12以上になる。

色々な勝ち方ができ、強い組み合わせを考える構築要素と、ギリギリの引き際を見極めるチキンレース要素、適度なプレイヤー間の相互干渉が高いレベルでバランスよくまとまった傑作ゲームです!

作者
Aske Christiansen  
発売年
2021
メーカー
Ludonaute  株式会社ケンビル  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

おばけキャッチ

山札から1枚ずつカードがめくられます。めくられたら、カードに描かれている正しい色のコマを素早く取ります。
紛らわしいカードについついお手つきをしてしまうため、とっさの判断力と反射神経がものをいいます。

2~8人まで遊べて、シンプルなルールで子どもから大人まで手軽に楽しめる、オススメパーティーゲームです!

このゲームを詳しく見る