ボードゲーム紹介
ヒントを出して、でも被らずに!

ジャスト・ワン

ドイツ年間ゲーム大賞2019年ドイツ年間ゲーム大賞受賞

皆で協力してヒントを出し、親の人にお題を当ててもらう協力ゲームです!

プレイヤーの中から一人回答者を選びます。カードを回答者以外に見えるように引き、数字を一つ指定します。カードのに書かれた指定された数字の物をお題にします。その後、各プレイヤーは回答者がお題を当てられるようにヒントを自分のついたてに書き込みます。ヒントは、直訳や造語、同音異義語など以外は何でも出すことが出来ます。しかし、回答者が見る前にみんなでヒントを見せあった時、同じものがあった場合はどちらも無効になってしまいます!残っているヒントだけで、回答者はお題を当てなければなりません!ゲーム終了時にどれだけ当てられたかで評価が決まります。

わかりやすいヒントを!でも、ほかのひとが考えなさそうなヒントを…7人まで遊べる言葉遊び系パーティゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
JUST ONE ~ヒミツの言葉~
作者
Ludovic Roudy&Bruno Sautter  
発売年
2018
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Repos Production(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る