ゲームデザイナー紹介「アレックス・ランドルフ」

image1

第一弾は天才と言われるゲームデザイナー「アレックス・ランドルフ」です。

海外におけるゲームデザイナー

ドイツのボードゲームは日本のゲームのように作者が不明確なものは少なく、ゲームのデザイナーの名前がパッケージに明記されています。
海外では日本人がCDを買うときにアーティストを見るように、デザイナーの名前でボードゲームを手にいれることも多いようです。

ボードゲーム界の巨匠「アレックス・ランドルフ」

今回紹介するアレックスランドルフは、約100個ほどのゲームを世に出しており、ゲーム大賞に17回もノミネートされてます。彼のゲームは子供でも分かるルールでありながら、大人も熱中してしまうような奥の深いゲームで有名です。

代表作

代表作としては「ガイスター」、「ハゲタカのえじき」、「チャオチャオ」、「ドメモ」など、当店にも彼のゲームをいくつか揃えています。
また、大変な親日家でも有名で、将棋の有段者でもあります。なんだか身近に感じますね。

ボードゲーム選びに困ったら、ボードゲームデザイナーで選んでみるというのもアリかもしれませんね!

スカルキングとモダンアートを愛する男。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る