ボードゲーム紹介
サイコロを振って橋を渡ろう!ウソがバレると「チャオチャオ!」

チャオチャオ

自己申告でサイコロ目を宣言してコマを進めるブラフ系名作ゲーム、「チャオチャオ」。シンプルで奥の深い心理戦が展開されるボードゲームです。

2~4人用のゲームで、順番にプレイヤーは筒の中でサイコロを降って、出た目を自分だけが確認します。出た目を宣言してコマを進ませるのですが、サイコロの目には「×」が2つだけあります。「×」が出てしまった場合は、嘘の数字を宣言しなければなりません。

130919chao-02

宣言したら、他のプレイヤーは嘘かどうかを判断します。「嘘だ!」と誰かが言ったら、サイコロの目をみんなで見て、宣言が嘘だったかどうかの確認をします。嘘だったら、嘘をついたプレイヤーのコマが谷底に落ちてしまいます。もし嘘じゃなかった場合は、「嘘だ!」と疑ったプレイヤーが谷底に落ちてしまいます。

130919chao-03

チャオチャオは「バイバイ」という意味。橋から落ちるときに言いましょう。「チャオチャオ〜!」

130919chao-04

嘘をつく方もドキドキですが、「嘘だ!」と言うプレイヤーにもリスクがあるため、駆け引きがかなり面白く展開します。度胸と運がものをいう、オススメボードゲームです!

購入はこちら

作者
Alex Randolph(アレックス・ランドルフ)  
発売年
1997
メーカー
Drei Hasen in der Abendsonne(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る