ディクシット、ロストシティなどなど、たくさん遊んでくれました

TBS「櫻井・有吉THE夜会」で亀梨くんが遊んだボードゲームまとめ

こんにちは! ジェリージェリーカフェの白坂です! 最近は通勤電車の中でNintendo Switchするのにハマってます。ゼルダの伝説楽しい〜!

さて、昨日放送されたTBS「櫻井・有吉THE夜会」は見ていただけましたか?
【メディア出演】TBS「櫻井・有吉THE夜会」にJELLY JELLY CAFE渋谷店が登場! | JELLY JELLY CAFE
ゴールデン番組でボードゲームカフェが取り上げられるとテンションあがりますね!

番組ゲストの亀梨くんが、渋谷店にひとりで遊びにきてくれるというロケだったのですが(カメラマン・ディレクターさんなどのスタッフ一切無し!)、みなさん楽しんでいただけましたでしょうか? 完全に台本ナシのロケだったので思わぬアドリブが連発。現場にいた僕も楽しく見守らせていただきました。

台本ナシとはいっても、わたくし、事前にテレビ的に分かりやすいシンプルなゲームをいくつかあらかじめ決めておいて、そのゲームをよきタイミングで亀梨くんに勧めるという任務を受けておりました。しかし! アドリブ展開が多く、予定にないボードゲームを次々と遊んでくれたのが嬉しかったです。

ということで、今回亀梨くんが遊んでくれたゲームたちを紹介していきます!

イス山さん

ひとつ目はこれ。ひとりで相席待ちしてる亀梨くんがたまたま手にとったゲームがこの「イス山さん」だったのですが、なんとこれ、ボードゲームの中でも数少ないひとりでも遊べるゲームだったのです。さすが亀梨くんや……! ルールはジェンガの様なバランスゲームで、イスを積み上げていき崩れたら負け、というシンプルなものです。

ディクシット


これも亀梨くんが手に取ったゲーム。「ディクシットをチョイスするなんてやっぱセンスいいわ〜」と思ってたら、どうやら過去に遊んだことがある、と言ってました。過去に木村拓哉さんもディクシット好きって言ってたし、ジャニーズでディクシット流行ってるのかもしれません。このゲームで遊ぶことは元々予定に無かったため、スタッフさんたちの間で、「えっ、今なんのゲームやってるの!? ディクシット? どんなゲーム? ……いやー伝わらないでしょーそれは」などとザワザワしてたのが面白かったです。(笑)

スピードカップス


これは元々スタッフの方との打ち合わせ時にオススメしようと決めていたゲームでした。初めて遊ぶゲームなのに圧勝する亀梨くん。さすがっす。

ロストシティ


その後、常連のお客さんのオススメでロストシティをプレイ。これも予定になかったので、スタッフルームはまたもやザワザワしてました。(笑)

おまけ(オンエアされてないけど亀梨くんが遊んだゲーム)

その後、放送されませんでしたがいろんなお客さんと様々なゲームで遊んでいただきました。女性客との相席もあったのですが、放送されたのは男性客との相席した部分だけでした。たまたまかな?



さらにおまけ

今回、ロケ時間は1時間半ほどで、亀梨くんは4組のお客さんと相席してもらっていろんなゲームを楽しんでいただきました。実際は、一組だけ相席を断られてしまったのですが(ボードゲームカフェでは相席NGのお客さんももちろんいらっしゃいますし、相席を強要したりはしません)、その時の様子がスタッフさん的には大ウケだったようで、スタッフルームは爆笑でした。「あ、この場面ガッツリ使われそうだな〜イヤだな〜」と思ってたら案の定、オチに使われてしまいました……! スーパーアイドルが相席断られるなんて絵的には超面白いし、テレビ的に使いたい気持ちも分かりますが、ボードゲームカフェ側としてはちょこっとだけ寂しかったです。相席、手軽にできる雰囲気だよ〜! こわくないよ!

放送後のツイッターのみなさまの反応

JELLY JELLY CAFEのオーナーです。日本中にボードゲームカフェができる日を夢見て日々がんばっています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る