ボードゲーム紹介
イラストにタイトルをつけよう絶妙な分かりやすさがカギ

ディクシット

ドイツ年間ゲーム大賞2010年 ドイツ年間ゲーム大賞 受賞作品

メルヘンチックなカードを使って物語を作る、「ディクシット」。想像力を刺激する、特に女性に人気が高いボードゲームです。

3〜6人用のゲームで、各プレイヤーは6枚ずつカードを持ち、ひとりずつ交代でストーリーテラーをつとめます。

130531dixit_02

ストーリーテラーは、自分の手札から1枚を選び、そのカードに題名をつけます。他のプレイヤーは、その題名に一番近いと思うカードを自分の手札から選び、出します。

全員のカードが出揃ったら、カードをシャッフルして、すべて表にして並べます。ストーリーテラー以外のプレイヤーは、ストーリーテラーが選んだと思うカードに投票します。見事カードを当てることが出来たら得点です。

130531dixit_03

ストーリーテラーは、全員にカードを当てられてしまったら得点はもらえません。また、誰も当てることができない場合も、得点はもらえないのです。つまり、分かり易過ぎず、かつ、適度にヒントを含んだ絶妙なネーミングセンスが問われるのです。

意味深で不思議なカードから連想するストーリーにみんなで盛り上がれる、オススメパーティゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Dixit
作者
Jean-Louis Roubira(ジャン=ルイ・ルビラ)  
発売年
2008
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Libellud / リベリュー(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る