ボードゲーム紹介
冒険には危険がつきもの…

ロストシティ

どこまで探検できるのかを競う「ロストシティ」
2人専用ゲームで、ボードゲームケルトの元になったゲームです。

このゲームは2人専用です。自分の手番では、手札のカードを1枚、ボードに描かれた5つの内同じ色のエリアに置くか捨て札とします。そのあと、山札か捨て札置き場から1枚補充して、手番終了です。すでにカードが置かれているエリアに数字カードを置く場合、直前に置いたカードより大きい数字のカードしか置くことができません。山札がなくなったらゲーム終了です。

それぞれのコースについて、得点計算をします。出したカードの数字の合計から、探検コストを引いて得点計算をします。3ラウンド行ってより点数の高い方が勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Lost Cities
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1999
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  cosaic / コザイク(日本)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る