ボードゲーム紹介
冒険には危険がつきもの…

ロストシティ

どこまで探検できるのかを競う「ロストシティ」
2人専用ゲームで、ボードゲームケルトの元になったゲームです。

このゲームは2人専用です。自分の手番では、手札のカードを1枚、ボードに描かれた5つの内同じ色のエリアに置くか捨て札とします。そのあと、山札か捨て札置き場から1枚補充して、手番終了です。すでにカードが置かれているエリアに数字カードを置く場合、直前に置いたカードより大きい数字のカードしか置くことができません。山札がなくなったらゲーム終了です。

それぞれのコースについて、得点計算をします。出したカードの数字の合計から、探検コストを引いて得点計算をします。3ラウンド行ってより点数の高い方が勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Lost Cities
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1999
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  cosaic / コザイク(日本)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る