ボードゲーム紹介
冒険には危険がつきもの…

ロストシティ

どこまで探検できるのかを競う「ロストシティ」
2人専用ゲームで、ボードゲームケルトの元になったゲームです。

このゲームは2人専用です。自分の手番では、手札のカードを1枚、ボードに描かれた5つの内同じ色のエリアに置くか捨て札とします。そのあと、山札か捨て札置き場から1枚補充して、手番終了です。すでにカードが置かれているエリアに数字カードを置く場合、直前に置いたカードより大きい数字のカードしか置くことができません。山札がなくなったらゲーム終了です。

それぞれのコースについて、得点計算をします。出したカードの数字の合計から、探検コストを引いて得点計算をします。3ラウンド行ってより点数の高い方が勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Lost Cities
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
1999
メーカー
KOSMOS / コスモス(ドイツ)  cosaic / コザイク(日本)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る