これで困らない!

これさえ知っておけば安心!プレイ人数の幅が広いゲームまとめ

width

こんにちは!冬でも薄着、たかとらです!
突然ですが、みなさんは人数が合わずにせっかく用意したゲームが遊べずに意気消沈したことはありませんか?

「5人で遊ぶ予定だったからこのゲームを持ってきたのに、1人増えて6人になっちゃった!あ、このゲーム5人までだ!せっかく持って来たのにー!」

という状況です。僕はあります。

できる限りそのような状況にならないように、プレイ人数が多少前後しても楽しく遊べるゲームたちを紹介したいと思います!

ハイパーロボット(1人〜∞人)


これこそキングオブプレイ人数幅の広いゲーム「ハイパーロボット」
1人からプレイできて、なんと上限はありません!1〜∞(無限)
箱は大きいですが、常に持ち歩きたいですね。

ワインと毒とゴブレット(2人〜12人)


4〜6人で基本ゲームを遊ぶことができますが、2〜3人、7〜12人用のルールも用意されており、どちらのルールで遊んでも楽しむことができます!プレイヤーのことを考えてくれている親切設計がありがたいです。

ニムト(2人〜10人)


大人気カードゲーム。
人数がいればいるほど楽しくなりますが、4人もいればしっかり楽しめます!じゅうぶんプレイ人数の幅は広いと言えるでしょう!

ライムパーティ(2人〜10人)


何人でも楽しめるパーティーゲーム。
10人以上に人数が増えても、オーディエンスとして楽しめます!

ロストテンプル(2人〜9人)


ボードを使うゲームにしてプレイ人数の幅も広い。
まさにこの記事のために存在するようなボードゲーム。

コルトエクスプレス(2人〜6人)


最大人数は6人とそこまで多くありませんが、少ない人数でもそこまでプレイ感がかわらず楽しめるゲームです。
3人いればこのゲームを提案するのもいいですね!

コヨーテ(2人〜10人)


通常通りゲームを続けていっても、最後は2人になるゲーム。最初から2人でももちろん楽しいです!

いかがでしたか?

持ち運ぶには大変なものもありましたが、これらのゲームを覚えておけば、ボードゲームカフェに遊びに行ったときなんかでもプレイ人数に悩まずにすぐ遊び始めることができます!
すべてJELLY JELLY CAFEでも遊べるゲームですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スカルキングとモダンアートを愛する男。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る