ボードゲーム紹介
6枚めのカードはアウト!のろまな牛を引き取るのは誰?

ニムト

ドイツ年間ゲーム大賞1994年 ドイツ年間ゲーム大賞 候補作品

牛の絵が描かれたカードをつかう「ニムト」4つの列にカードを置いていくゲームです。

全員同時にカードを1枚選んで出しますが、すでに置いてあるカードより数字が大きく、かつ全員が出したカードの中で1番小さい数字のカードから置かれていきます。1つの列には最大5枚までしか置けないので、6枚目のカードを置いてしまった人はその列のカードを全部引き取らないといけません。カードによってマイナス点が違うことや、全員同時にカードを出すことによって、思いがけない展開が起こり、非常に盛り上がります。のろまな牛を1番多く引き取るのは?

購入はこちら

作者
Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
1994
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る