ボードゲーム紹介
大賞受賞の陣取りゲームです!やりごたえ抜群!

ティカル

ドイツ年間ゲーム大賞1999年 ドイツ年間ゲーム大賞受賞

未踏の森を探索し、遺跡の発掘や占有、価値ある財宝を探して勝利を目指すゲームです。
1999年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した作品です。

2人から4人まで遊ぶことができます。手番プレイヤーはタイルを引き、配置した後に10アクションポイントをうまく使い、探索や発掘といった行動をします。火山タイルが引かれたら決算です。遺跡タイルの上に最も多くの探検家を置いているプレイヤーは、遺跡の数字と同じ勝利点を獲得できます。また、財宝は1枚1点ですが、同じ財宝を多く所持していればボーナス点が獲得できます。最後のタイルが配置されたら、最後の決算を行ってゲーム終了です。

遺跡タイルは発掘することができ、価値を上げることができますが、自分がせっかく価値を上げた遺跡も、他プレイヤーによって占有されてしまうと意味がありません。また、財宝タイルも1種類だけで所持していると、相手に取られてしまう場合もあるため、安心はできません。タイルの引きのみしか運要素がないため、悩ましくも面白いゲームとなっています。

遺跡の発掘によって立体的になっていくタイルや、タイル配置によって広がっていく様子も面白く、新版ではさらに立体的なコマとなってリメイクされています。

購入はこちら

ゲーム名
Tikal
作者
Michael Kiesling(ミヒャエル・キースリング)  Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
1999
メーカー
Rio Grande Games(アメリカ)  テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る