ボードゲーム紹介
宝石商となって栄光と名声を手に入れろ!

宝石の煌き

ドイツ年間ゲーム大賞2014年 ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品

宝石商となって、より多くの栄光と名声を目指す「宝石の煌き」。プレイヤーは宝石商となって、宝石に投資をします。

2人から4人用のゲームです。自分の手番でできることは、宝石を手に入れるか、宝石を払って場に並んだカードを買うかのみです。宝石は5種類7個と、ジョーカー扱いの黄金が5個あります。カードには、手に入れることで勝利点を得ることができたり、次のカードを買う際のコストを減らせるものがあり、ゲームが進むにつれてより価値の高いカードが買えるようになります。誰かが15点を獲得したら、残りのプレイヤーが1手番ずつ行ってゲーム終了です。もっとも多くの勝利点を得たプレイヤーの勝利となります。

カードの購入予約もすることができるため、買おうと思っていたカードが先に取られてしまって悔しい思いをしたりもします。箱の見た目とは裏腹に、とても単純なルールと比較的短いプレイ時間で何度も遊ぶことができるゲームです。

購入はこちら

作者
Marc André(マーク・アンドレ)  
発売年
2014
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Space Cowboys(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る