ボードゲーム紹介
宝石商となって栄光と名声を手に入れろ!

宝石の煌き

ドイツ年間ゲーム大賞2014年 ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作品

宝石商となって、より多くの栄光と名声を目指す「宝石の煌き」。プレイヤーは宝石商となって、宝石に投資をします。

2人から4人用のゲームです。自分の手番でできることは、宝石を手に入れるか、宝石を払って場に並んだカードを買うかのみです。宝石は5種類7個と、ジョーカー扱いの黄金が5個あります。カードには、手に入れることで勝利点を得ることができたり、次のカードを買う際のコストを減らせるものがあり、ゲームが進むにつれてより価値の高いカードが買えるようになります。誰かが15点を獲得したら、残りのプレイヤーが1手番ずつ行ってゲーム終了です。もっとも多くの勝利点を得たプレイヤーの勝利となります。

カードの購入予約もすることができるため、買おうと思っていたカードが先に取られてしまって悔しい思いをしたりもします。箱の見た目とは裏腹に、とても単純なルールと比較的短いプレイ時間で何度も遊ぶことができるゲームです。

購入はこちら

作者
Marc André(マーク・アンドレ)  
発売年
2014
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Space Cowboys(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

音速飯店

手札の具材カードを叫びながら一枚ずつ出して次々に中華料理を完成させるパーティゲームです。

裏向きで具材カードを配り、全員準備ができたら「ちゅうもーん!」の掛け声でゲームを始めます。一斉にカードを取り、スピード勝負で今出すことのできる具材カードを内容を叫びながら箱に1枚ずつ入れていきます。手札のカードをすべて出し切れると次の試合に進め、出し切れなかった人は脱落となります。試合を繰り返し、最後の1人になった人が優勝です。

この具材に続く料理ってなんだっけ?ラーメンのメンがない!とワイワイ盛り上がります!

このゲームを詳しく見る