ボードゲーム紹介
協力に見せかけた個人戦適度に手を抜き抜け駆けしよう!

ダンジョンレイダース

遊べる店舗

全員で協力してとあるダンジョンの攻略を目指す…ようにみせかけて、適度に手を抜くことで他のプレイヤーを脱落させ、最終的にはお宝を誰よりも多く持った状態で生き延びるのが目的、というゲームです。

プレイヤーは冒険者となり、全員で5階層からなるひとつのダンジョンのクリアを目指します。
ダンジョンにはモンスターの他、財宝や罠など様々なものが待ち構えています。部屋を進むたびに1〜5までの数字が書かれたパワーカードを使ってモンスターを倒したり、財宝を手に入れたりするのですが、パワーカードは1階層ごとに使いきりなのでどういった順番で使うかはよく考えなければなりません。

例えば、モンスターは全員のパワーカードの数字の合計が規定値を上回れば倒すことができます。
しかしもし足りなかった場合は、その時一番低い数字のパワーカードを出していた人がダメージを受けてしまうのです。

逆に財宝部屋ではより高い数字のパワーカードを出していたほうがたくさんの財宝を得ることができます。

あくまで個人戦のゲームですので、うまく手を抜いたり、罠をわざと作動させたりして他のプレイヤーの足を引っ張ることが重要です。

作者
Phil Walker-Harding(フィル・ウォーカー・ハーディン)  
発売年
2013
メーカー
テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る