ボードゲーム紹介
交渉と裏切りの、人間関係崩壊ゲームです

フンタ

遊べる店舗

交渉と裏切りの友情崩壊ゲーム「フンタ」です。さまざまな戦略を使い、自分の懐により多くのお金を入れることを目指します。

2人から7人まで遊ぶことができます。バナナ共和国を舞台としたゲームで、ゲーム終了時に、最も多くのマネーを「貯金」していたプレイヤーの勝利となります。「ディプロマシー」のように、交渉がゲームの大部分を占めるゲームですが、それに加え、大統領選挙と閣僚の任命、各プレイヤーに配るマネーの予算案とその審議、裏でのマネーのやり取り、暗殺、クーデターといった、さまざまな要素が含まれており、ゲームに勝利するためには約束を破り、裏切ることも必要な友情崩壊ゲームとなっています。

各プレイヤーには大統領のほか、内務大臣や、将軍、提督、司令官といったポストが与えられ、それぞれのポストには能力や、そのポストのみが動かせる軍事ユニットが与えられます。大統領はうまく援助金を配分し、その権力を維持しようとしますが、ほかのプレイヤーはその予算案が気に入らなければクーデターを起こすことができます。大統領を暗殺したり、クーデターに勝利して処刑することができれば、新大統領になれるかもしれません。
クーデターの際には、自分の動かせる軍事ユニットを使い、重要拠点を抑えることを目指します。大統領と首謀反逆者は、ほかのプレイヤーを自分の派閥に引き込めるように、交渉や賄賂を用いて取引をします。

細かいルールが多く、プレイ時間も長めのゲームですが、やりごたえは十二分。お友達とひりひりとした心理戦を楽しみたい方にぜひオススメです。プレイ後は仲直りしましょう!

こちらのゲームの導入として、「フンタ:カードゲーム」もオススメです。

ゲーム名
Junta
発売年
1978
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Pegasus Spiele / ペガサスシュピール (ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る