ボードゲーム紹介
確率を予想してコマを配置するビンゴのようなゲームです。

アウグストゥス

ドイツ年間ゲーム大賞2013年 ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート

支持を集めてローマの執政官になることを目指す「アウグストゥス」。アウグストゥスとは「尊厳者」を意味する名誉ある称号です。

2人から6人用ゲームで、元老議員の支持(勝利点)を最も集めたプレイヤーの勝利となります。目的カードが各プレイヤーに配られ、リーダーを決めてゲーム開始です。リーダーは袋からトークンを引いて公開します。全てのプレイヤーは、トークンと同じマークが自分の持つ目的カードに書かれていれば、そこに動員コマを1つ置くか、すでに置かれている動員コマをそこに移動させることができます。目的カードに書かれた全てのマークに動員コマを置くことができれば、そのカードを達成することができます。目的カードを達成することで報酬を得たり、能力を使用することができます。それを繰り返し、誰かが7枚目の目的カードを達成した時点でゲーム終了です。

引かれるトークンはランダムですが、引かれたタイルは基本的に袋に戻さないため、確率をある程度予想することができます。それを考えながら、どの目的カードを優先的に達成させて勝利を目指すかを考えなければなりません。運と戦略が必要なゲームでやりごたえがありますが、プレイ時間も30分ほどとそこまでかからないため、手軽に遊ぶことのできる名作ゲームです。

作者
Paolo Mori(パオロ・モリ)  
発売年
2013
メーカー
Hurrican(スイス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る