R‐Rivals‐ ラブレターの前身ともいわれるゲーム

今回はR‐Rivals‐の紹介です。
r-rival

元になったゲームRは今をときめくカナイセイジさんの作品で、2011年に500円で出だされていたゲームでした。
たった16枚のカードだけのゲームで、買った当時はとても良くまとまっていることに感銘を受けて、何度も何度も遊んだ記憶があります。それがこの度、リメイクされてR‐Rivals‐として出版されたようです。

r-rivals
ゲーム自体は、同じカードを持って、同時出しをして、カードの数値が大きいほうが勝ちといったシンプルなゲームです。(PICOなどと同じタイプのゲームです。PICOも名作なのでぜひふれる機会があったらやってみてください。)
ですがそれだけでなくカードには特有の効果が書かれていて、その効果で次の勝負を有利に運んだり、相性の問題などが発生していて、この塩梅が絶妙です

非常に短時間ですが相手との心理戦カードの出す順番記憶要素、等色々と練りこまれていて、面白いです。効果同士の組み合わせが特に秀逸です。今ではラブレターの前身とも言われているゲームですので、ラブレターファンのかたも一回やってみてください。

R-Rivals

タイシン

新しさを感じるゲームが好きなボードゲームギークです。 maskMenやルイスなどオリジナルボードゲーム作ったりもしたり。
他の執筆記事はこちら

LINE@で最新情報をGET!

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キャッチ・ザ・ムーン

月に届くまではしごをかけることを目的としたバランスゲーム。
サイコロを振って、出た目に応じて決まった方法ではしごをかけていき、途中ではしごを崩してしまうと月の涙を失点として受け取ります。
単純にバランスゲームとしても楽しく、また見た目も美しい良作ゲームです。

このゲームを詳しく見るa
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト