JELLYJELLYSTOREで新たに販売するボードゲームをご紹介!!

ラベンスバーガーから「モンスタースラップ」など3作品取り扱い開始!!

今回は、JELLYJELLYSTORE/通販で新たに取り扱うボードゲームについてご案内します。

「ストライク」や「バグループ」でお馴染みのラベンスバーガー社から「モンスタースラップ」など3作品の取り扱いを開始します!
 

①モンスタースラップ

「モンスタースラップ」は、ルーレットを回して、止まったモンスターを誰よりも早くねばねばハンドでたたくゲームです。

うまくモンスターをキャッチしたプレイヤーは、トレイのフチにセットされた自分のコマを1マス進めることができます。トレイのフチを一周して、スタート地点のはしごまで戻ってくることができたプレイヤーの勝利です。

ねばねばハンドの柄の部分も柔らかく伸び縮みするので、手首のスナップを使ってうまくモンスターをたたきましょう!!

実際にプレイしてみて

このゲーム、大人でもかなり白熱します!!

ルーレットが止まった直後、「どのモンスターを取るべきか」を判断する瞬間の集中力が求められます。

モンスターを取る際に速攻でモンスターを取りに狙う「スピードタイプ」と、勢いをつけて粘着力で引っ張り合いに勝ちに行く「パワータイプ」に分かれる印象でした。

皆さんはプレイするならどちら派ですか?

②バグキッチン

「バグキッチン」は、自走するバグ(虫)の進路をコントロールして、自分の穴に導くキッズゲームです。

ボードには回転するフォーク、ナイフ、スプーンが設置されており、決められた形にセットします。中央にゴキブリを置いてスタート!スイッチを押すとものすごい勢いでゴキブリが走り始めます。

サイコロを振って、出た目によってフォーク、ナイフ、スプーンを動かしバグを自分の穴に導きましょう!

バグを1回捕まえるごとにバグトークンを1枚獲得できます。最初に5枚のトークンを集めたプレイヤーの勝ちです!

実際にプレイしてみて

虫の動き方がリアルでした。かなり予測不可能な動きをするため、展開が読みづらいです。

また、ゲームのバリエーションとして本来とは逆に、「自分のエリアにバグを入れたら負け」のルールを適用しても盛り上がります!

箱のサイズの割にセッティングは簡単で、5~10分程度で簡単に組み立てられますのでご安心を!

③ ロジガイスター

「ロジガイスター」は歯車を設置してうまくおばけを回転させることを目的とするゲームです。

おばけに壊された歯車を上手に修理して得点を獲得していき、コースターコマを進めます。数ラウンド行い、1周して先にゴールにたどりつけた人が勝ちです。
各ラウンドでは回転させるおばけの場所が決まっているので、そこにつなげるように歯車を設置します。すべてのおばけを回転できたプレイヤーがコースターコマを進めることができます。

ゲームのバリエーションとして、それぞれが各々の設計図を確認して歯車を設置する「上級者ルール」もあります!

実際にプレイしてみて

歯車がうまく噛み合った時、成功した時の嬉しさはかなり感じることができました!!3体同時に回転すると気持ちいいです。

個人的には「上級者ルール」がオススメです!!各自置きたい歯車の位置が変わり、「あの人はどういう意図でここに歯車を置いたのだろう?」と考えてしまいます!心理戦や様々な戦略性が生まれるので、より一層楽しめると思います!

一方で、初級者ルールも含めると今回の3つのゲームの中で一番、小さなお子さまでもプレイしやすいゲームだと感じました!

番外編

今回は3種類の商品をご紹介させていただきました✨

JELLYJELLYSTORE通販ではラベンスバーガー社の他の商品もたくさん取り扱っていますので、一部紹介したいと思います!! 

 

 

子供から大人まで楽しめるこちらのゲームで、ぜひ遊んでみてください!
 

JELLY JELLY CAFEの事務員。ボードゲームやポーカーが好きです。とにかく頑張ります。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る