【プレイ動画】プレイ時間5時間以上のボードゲーム「ディプロマシー」をプレイしました。これはすごいゲームだ……!

こんにちは、JELLY JELLY CAFEの白坂です。
突然ですが、「ディプロマシー」というボードゲームを知ってますか?

ディプロマシーとは?

ディプロマシー

3〜7人用のボードゲームで、第一次世界大戦前のヨーロッパを舞台に、各プレイヤーは各国の首相となってその国を指揮します。
このゲームには運要素が一切なく、ゲームは他国との交渉と、自国への命令によってのみ進みます。
自分が勝つためには裏切って当たり前、ゲームを通して様々な策略と陰謀が渦巻きます。
すべてはプレイヤーの意思によって行われるため、裏切られた時や負けた時の恨みが残りやすいとも……!

ディプロマシー | 世界中のボードゲームを遊びつくそう | JELLY JELLY CAFE

とまぁ、こんなゲームなのですが、特徴を簡単に並べるとこんなかんじです。

・プレイ時間5時間以上!
・プレイ人数は7人!
・運要素いっさいナシ!
・交渉力がものをいう!
・裏切りセンスも問われる!
・友情破壊ゲームとも呼ばれる!
・やまもといちろう氏も絶賛するゲーム!

[参考リンク]
http://diplomacy.g.hatena.ne.jp/kirik/
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/10/post-7741.html
https://twitter.com/kirik/status/480013015715049472

イベントを開催しました

そんなボードゲーム「ディプロマシー」を、1カ国を2人担当し、合計14人でプレイするイベントを開催しました。
ルール説明・ゲームマスターはオインクゲームズの佐々木さんにお願いいたしました。
佐々木さんありがとうございました!

プレイ動画つくりました

イベントの様子を、JELLY JELLY CAFEスタッフのがくぶちくんに動画にまとめてもらいました。
ディプロマシーがどんなかんじのゲームか、雰囲気だけでも知ってもらえるとうれしいです!

すごく面白かった

5時間ほどプレイしたのですが(それでも決着はつかなかったのでその時点の順位を決めて終了しました)、5時間、あっという間でした。
交渉がキモのゲーム(ディプロマシーは外交という意味)なので、他国との話し合いがゲームを左右するのですが、考えることがとてつもなく多くて、僕らイギリスは

「ロシアには調子いいこと言っておいてあとで裏切ろう……」
「ドイツとはしっかり同盟組んで仲良くしておこう」
「フランスは今は敵に回したくないけど……終盤には裏切りたい」
「トルコには裏切られそうだから気をつけておかないと……」

などなど、口約束をどこまで信じて、どこまで信じさせるかを考えるのがめちゃくちゃ楽しかったです。

またやりたい。

JELLY JELLY CAFEのオーナーです。日本中にボードゲームカフェができる日を夢見て日々がんばっています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る