ギシンアンキノトウ  見え方が違う!疑心渦巻く塔の奪い合い!

今回は「ギシンアンキノトウ」の紹介です。

このゲームはトウを奪い合うゲームです。トウとは四面の側面があり、それぞれ明かりが灯っている(黄色い)、明かりが灯っていない(黒い)ところのあるコマです。

全部で6つの塔があり、この四面の灯り方はすべてのパターンが有ります。(4面全て明かりの灯っている4点のトウ、3点のトウ、2点のトウ×2、1点のトウ、全く灯っていない0点のトウ)

ゲームはより多くの側面に明かりが灯っているトウ(点数の高い塔)を獲得した方の勝ちです。(点数が4面ある側面の明かりの灯っている数になっているのです。)

しかし、プレイ中、プレイヤーはゲーム中トウの側面、二面しか見ることができません!

これが実に悩ましく、相手側からはトウはどう見えているのか!?果たしてどれがほんとうに欲しいトウなのか!?

想像するのは非常に楽しいです。

ゲームセット時は下のようなかんじ↓(赤ポーン青ポーンはそれぞれのプレイヤーのイメージです。)

fig_all

赤プレイヤーからは下のように見えています。

fig_red

※一番左以外は最低一個は明かりが灯っているので、一番左は一つも明かりのない0点のトウであることがわかります。

その上でゲームはどう進むかというと自分のほしいトウの上に自分の色のキューブを置きます。

ただし、キューブはさらに相手に上書きされるかもしれません。キューブは二個までしか置けないので、さらに置かれてしまうと相手のトウになってしまいます。この部分でお手軽ですが濃密な心理戦が楽しめます。

↓こんなかんじに重ねていきます重ねられるのは2個までで、優先権は上の色にあるので青のプレイヤーにこの当は奪われてしまいます。
set2

そうして各人2本ずつトウを取って点数の高い方の勝ちです。

とてもお手軽で、オクが深く、小出しになっている情報の見え方のおもしろさと心理戦のおもしろさがうまくミックスしたとても美しいゲームです。この機会に是非!

ギシンアンキに陥ることまちがいなしです!

現在は品切れ中ですが、ボードゲーム専門店すごろくやさんなどでもお取り扱いがあるようなので、気になる方はチェックしてみてください。

ちなみに、今は下のような特製桐箱仕様で売られている模様です。

gishin_pk1

ギシンアンキノトウ

新しさを感じるゲームが好きなボードゲームギークです。 maskMenやルイスなどオリジナルボードゲーム作ったりもしたり。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る