『ブラフ系ゲーム』ってなに?

ブラフ系ゲームいろいろ

※当店にあるブラフゲームたちの一例です!
他にもボードゲームカフェ渋谷では色々な種類のブラフゲームを準備してありますので、ぜひお店で遊んでみて下さいねー!( ´∀`)

みなさまこんにちは!
ブラフ系ゲームはすぐ顔に出るタイプのボードゲームカフェ渋谷スタッフヨジーです(;´Д`)

さて、21日(日)にはボードゲームカフェ渋谷で第1回ブラフ王決定戦(現在参加者募集中です!!)が開催される予定ですが、ボードゲーム初心者の方の中には「そもそもブラフ系ゲームってなに?」という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は『ブラフ系ゲーム』とは何かを、私なりにざっくりとご説明いたします!

『ブラフ』というのは、『虚勢』『はったり』という意味の英単語です。
例えば当店でも大人気なゲームのひとつ『ごきぶりポーカー』。
※詳しいルールはこちらからチェック!
これは簡単に説明すると、自分の手札にある8種類の害獣カードを相手に押し付けていくゲームなんですが…
この時、自分のカードがどの害獣かを必ず宣言しながらカードを伏せて出さなければいけません。
そして、その宣言はもちろん正しくてもいいのですが…
何と!『ウソ』でもいいのです!

発言に時としてウソを混ぜていくことで
ウソをつかれた側の人は「この人は本当のことを言っているのだろうか…?」とドキドキし、
ウソをつく側の人は「バレるかな…バレないかな…」とハラハラします。
つまり、ブラフ系ゲームとは、『ウソをつくことを楽しむ』ゲームなのです!

普段の生活で『ウソ』をつくのはあまりよくないことです。
でも、ブラフゲームならウソをつき放題!
普段真面目な人も、ブラフゲームで『ウソ』をつくことを楽しんでみてはどうでしょうか?(´∀`*)

好きなゲームはdois、コンコルディア、ツォルキン、5本のきゅうりなど。 タイムストーリーズ布教し隊。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る