TRPGとボードゲームは意外と似てる? TRPGプレイヤー向けボードゲーム5選!

TRPG_img

こんにちは!実はTRPGの方が経験が多い、池袋店スタッフのふかつです!(※2021年7月現在、退職済みです)
昨今のSNSではジャンルを沼と称して、そのジャンルに傾倒することを「沼に沈む」だなんて言いますよね。そこでふと思いました。
「あ〜、TRPGプレイヤーをボドゲ沼に沈めたいなぁ〜」なんて!

と、いうわけでTRPGをプレイする人でもドーン!と楽しめるようなボードゲームを独断と偏見とちょっとした私の好みで紹介してみましょう!

ところで、TRPGって何?

TRPGとは、テーブルトークロールプレイングゲームの略です。
普段はテレビをつけてやるようなRPGのゲームを、テーブルの上で紙とペンとダイスを武器に喋りながら遊ぶ、そんなアナログゲームの一種です。
ハイファンタジーの世界で冒険者として戦ったり、あるいは現代を生きる忍者となってアイエエ!?したり、あるいは艦娘になってみたりと、多種多様なシステムで遊べたりもします。ゲームマーケットでもプレイスペースがあったりしますよね。

では、早速紹介していきましょう! 今回紹介するのはこの5つ!

言い訳で切り抜けろ!「キャット&チョコレート」

現在4種類ほどのバリエーションがあるキャット&チョコレート、通称「猫チョコ」ですが、今回は幽霊屋敷編をリンクしてみました。
ゲームとしては単純で、襲いかかってくる脅威を手札のアイテムを使って切り抜ける、コミュニケーションパーティーゲームです。
例えば、「幽霊が襲ってきた!」だなんてイベントに対して、手札にある水晶玉で「水晶玉から不思議な光が! 哀れ幽霊は成仏!」みたいに、とにかく状況に対して手札のアイテムで色々とあることないことでっちあげたりして笑いあり涙あり感動あり(?)なゲームとなります。

必要なのは口撃?「スパイフォール」

TRPGといえばRP(ロールプレイ)! RPといえばスパイフォール!
プレイヤーに告知された共通のロケーション、しかし一人だけそのロケーションを知らないスパイが紛れ込んでいて、そのスパイを炙り出す、招待隠匿系の弁舌戦ゲーム!
このゲームの面白いところは、プレイヤー一人ひとりに役割が与えられていて、ある時はお客、ある時は機長、ある時は密入国者だったりと、様々な役割を演じながらプレイしていくゲームです。
RPが好きなTRPGプレイヤーならきっとハマるはず! 

ファンタジー世界を生き抜け!「アンドールの伝説」

ボードゲームでRPGといえばこれ、アンドールの伝説!ハイファンタジー世界を練り歩き、冒険をしてみたい方にオススメです。
実はこのゲーム、GM(ゲームマスター)がいてシナリオごとに目的が違ったりするゲームで、まさにTRPGって感じだったりもするんです。

アドリブはTRPGの基本ですよね!「知ったか映画研究家」

親が決めた映画のタイトルについて、みんなで「知ったか」をしていくといったコミュニケーションゲームです。
手番が進むにつれ映画の設定やシーンが「知ったか」によって増えていくため、咄嗟のアドリブとトーク力が試される恐ろしいゲームです……!!

ルーニー大勝利!?「私の世界の見方」

最後は大喜利ゲーム! ルーニー(お調子者)であることが勝利の道!
親が選んだ虫食い文章のお題に対して、プレイヤーが虫食いに当てはめる言葉を手札から選んで行き、親が一番面白いと思ったプレイヤーがポイントを獲得していくゲーム。笑いのセンスを鍛えるにはうってつけかもしれません!

いかがでしたか?

今や同人ゲームを含め膨大な種類のシステムがあるTRPGですが、そんなTRPGと似た要素を持ったボードゲームはいかがでしょうか? 「面白そう!」と思っていただければ幸いです!
また、「スパイフォール」と「知ったか映画研究家」に関しては池袋店スタッフによるプレイ動画がありますので、よかったらそちらもご覧ください!
紹介動画 | JELLY JELLY CAFE

今後、JELLY JELLY CAFEでもTRPGのセッションをしてみたいなぁと思っています。セッションをして、余った時間に紹介したボードゲームを遊んでみるのも、また一興かも?
逆にボードゲーマーの方をTRPG沼に誘ってみるのも……

横浜店の店長。家から横浜まで片道1時間半をかけて通っている。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る