ボードゲーム紹介
スパイは誰かを見つけ出せ!何度も遊べる正体隠匿ゲームです

スパイフォール

様々なロケーションが描かれたカードと、スパイカードを使って遊ぶ「スパイフォール」
1回のプレイ時間は15分程度の正体隠匿ゲームです。

3人から8用ゲームで、スーパーマーケットや遊園地から、宇宙ステーションや十字軍といった幅広いロケーションカードをランダムで選び、プレイヤーに配ります。その中には1枚スパイカードが入っており、スパイ以外の人はスパイを探し出すことが目的です。また、スパイは自分がスパイとばれないことか、自分以外の知るロケーションを当てることが目的です。

1人ずつ、1人に対して質問をしてスパイを探し出します。スパイにロケーションがばれてはいけないので、あまりにも具体的な質問はできません。スパイも質問や回答からロケーションを考える必要があります。プレイ時間が短いため、何度も何度も遊ぶことができる正体隠匿ゲームです。

プレイ動画

購入はこちら

ゲーム名
Spyfall
作者
Alexander Ushan(アレクサンデル・ウーサン)  
発売年
2014
メーカー
Hemz Universal Games / ヘムズユニバーサルゲームズ(日本)  Hobby World(ロシア)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る