ボードゲーム紹介
ほんっと、いい映画!

知ったか映画研究家スペシャル!

ランダムに作られるタイトルについて、知ったかぶりで評論しあう「知ったか映画研究家」。お題が追加され、スペシャルとなって登場しました。

3人から10人まで遊べます。スタートプレイヤーが今回語るタイトルを決め、そのタイトルについて知ったかぶりでスピーチします。

「遺伝子マニアいいよね。めっちゃ面白かった。」
「わかる〜!」
「遺伝子マニアには博士が出てくるんだよね!」
「そうそう!」

といったように、それを聞いている他プレイヤーは、さも自分も知っているように相槌を打ったり、リアクションをしながら同意します。他プレイヤーの評論を否定してはいけません。プレイヤー全員がそのタイトルについて語り、最後に「ほんっと、いい映画!」と締めてゲーム終了です。
各プレイヤーは最も心を動かす発言をしたプレイヤーを選び、一番票が集まったプレイヤーが勝者となります。

ゲームタイトルは映画研究家ですが、架空のプロジェクトについて語り合ったり、架空の祭りや料理について知ったかぶりで評論することもできます。ルールも簡単で非常に盛り上がるゲームです。

プレイ動画

購入はこちら

ゲーム名
知ったか映画研究家スペシャル!
発売年
2016
メーカー
cosaic / コザイク(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る