ボードゲーム紹介
正解は親の価値観できまる!パーティー向けの大喜利ゲームです。

私の世界の見方

非常に多くのカードをつかって遊ぶ「私の世界の見方」
正解はプレイヤーの価値観によって決まる、大喜利ゲームです。

2人から9人用ゲームで、親を1人決めます。お題カードをランダムに1枚選び、読み上げます。お題カードには空欄にっている部分があり、回答者はそれぞれに配られた単語カードを使用して、空欄を埋めます。誰が出したカードかわからないようによく混ぜ、親の価値観によって最も気に入ったカードを決め、そのカードを出したプレイヤーが得点となります。また、回答者出したカードの他に、山札からランダムで言葉カードを入れ、親がそれを選んでしまうとマイナス点というルールによって、親もよく考えてカードを選ばなければなりません。

面白い回答が良いのか、常識的な回答が良いのか、正解は親の価値観によって決まるため、非常に盛り上がるパーティーゲームとなっています。

購入はこちら

作者
Urs Hostettler (ウルス・ホステットラー)  
発売年
2015
メーカー
テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る