ボードゲーム紹介
正解は親の価値観できまる!パーティー向けの大喜利ゲームです。

私の世界の見方

非常に多くのカードをつかって遊ぶ「私の世界の見方」
正解はプレイヤーの価値観によって決まる、大喜利ゲームです。

2人から9人用ゲームで、親を1人決めます。お題カードをランダムに1枚選び、読み上げます。お題カードには空欄にっている部分があり、回答者はそれぞれに配られた単語カードを使用して、空欄を埋めます。誰が出したカードかわからないようによく混ぜ、親の価値観によって最も気に入ったカードを決め、そのカードを出したプレイヤーが得点となります。また、回答者出したカードの他に、山札からランダムで言葉カードを入れ、親がそれを選んでしまうとマイナス点というルールによって、親もよく考えてカードを選ばなければなりません。

面白い回答が良いのか、常識的な回答が良いのか、正解は親の価値観によって決まるため、非常に盛り上がるパーティーゲームとなっています。

購入はこちら

作者
Urs Hostettler (ウルス・ホステットラー)  
発売年
2015
メーカー
テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る