ボードゲーム紹介
試される頭脳!相手よりも早くタイルをなくせ!

ラミィキューブ

ドイツ年間ゲーム大賞1980年 ドイツ年間ゲーム大賞 受賞作品

数字の書かれたタイルをうまく場に出していく「ラミィキューブ」
激しい頭脳戦が繰り広げられるゲームです。

2から4人用ゲームで、1から13が2枚ずつ各4色とジョーカー2枚の計106枚のタイルを使います。
タイルの出し方には2つのルールがあり、同じ色で連続した数字の「ラン」、全て違う色で同じ数字の「グループ」のみです。また、どちらも3枚以上の組み合わせである必要があります。自分の番では場に出ているタイルと、手持ちのタイルを組み合わせて、「ラン」や「グループ」が作ることができるタイルを出すことができます。組み合わせが出来る限り、連続して何度もタイルを出すことができ、できなければ山札からタイルを一枚引いて手番が終了します。それを繰り返し、誰かの手札がなくなった時にゲーム終了です。手札に残った数字の合計がそのままマイナス点となり、ジョーカーが残った場合は追加で30点マイナスとなります。手札をなくしたプレイヤーは、他のプレイヤーのマイナス点の合計がプラス点となります。

自分のタイルで何ができるかというのを常に考えることが必要で、タイルを引く運よりも頭をつかうゲームとなっています。

購入はこちら

作者
Ephraim Hertzano  
メーカー
増田屋コーポレーション  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る