ボードの上じゃ収まらない!3次元に飛び出したルーム(?)ゲーム「おばけシューターパニック」

以前も同じような記事書きましたが、これもボードゲームじゃないです
今回に至ってはアナログですらない!

でも、どうなんだろう。デジタルとアナログの境ってどこにあるんでしょうね?
テレビ画面を使わなければアナログゲーム・・・?電気を使ったらデジタルゲーム・・・?

そんなわけで、今回は「おばけシューターパニック」のご紹介。
ボードゲームやアナログゲームと呼べる代物かは意見の分かれるところかとは思いますが、ボードゲーム好き、アナログゲーム好きの皆さまならばきっと好きなはず。
最近あんまりテレビで心霊特番とか見ないですが、夏と言えばお化けですからね!

c56f1ea9945169b075b832a1a1a87772-622x800

おばけシューターパニックはシューティングゲームです。部屋の壁に現れるおばけをオレンジの銃で仕留めます。
妖しく光るガイコツの右眼がプロジェクターになっており、部屋を暗くしてゲームを始めると首がぐるんぐるん動いて壁におばけを投影する。
それを銃で撃つ撃って撃って撃ちまくる!

制限時間1分(?)で何点取れるか、高得点を目指します。
簡単に言うと、おうちでできる、ディズニーランドのバズライトイヤーのやつですね。

難易度は3段階あって、難しいモードなら大人でも楽しめました。結構追いきれないもんです。
一人プレイのゲームですが、一人でやっても寂しいので要注意

公式CM(Youtube)
※1世代前のバージョン「おばけシューター」の動画です。

カタンでボードゲームの世界に出会いました。好きなゲームはコリドール。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る