真の勝者を決めろ!!「タイブレイカー」

先日スタートプレイヤーの記事を書いた後ブログライターのタイシンと話をしていて、新しいゲームの話になりました。
スタートプレイヤーがあるならタイブレイカーもあっていいだろう、じゃあ作ろう、と。

今回ご紹介するのは僕らがそんな話をする5年前にスタートプレイヤーの作者が作っていたゲーム「タイブレイカー」です。

tie_breaker
画像元:TieBreaker - Bezier Games

ちなみにこのタイブレイカー、持ってないしやったことすらありません
たぶん日本では売ってません。そんなの紹介すんなやとも思ったのですが、我慢できませんでした。

タイブレイカーは「白熱した試合の結果同点だった」、そんな時にどちらが本当の勝者か決めてくれるゲームです。
スタートプレイヤーと同様かゆいところに手が届きますね。
タイブレイクの方法を明記しているルールも多々ありますが、「同点の二人で勝利を分かち合いましょう」なんてルールも。

そんな馴れ合いはいらないんだ!!

スタートプレイヤーとは異なり、プレイ人数は2人から99人までと控えめの設定。
当然、99人でプレイするには99人が同点でゲームが終わるという劇的な展開が必要です。

もちろん、この発見の後僕らのタイブレイカー作成が流れたのは言うまでもありません。
何かの機会に入手された方はぜひ僕と同点勝利したうえで、こいつで決着をつけさせてください

カタンでボードゲームの世界に出会いました。好きなゲームはコリドール。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る