色とりどりの花びらを集める「ひとひら」

今回は5月のゲームマーケットの新作ゲーム紹介です。

image2

袋から引いた色とりどりの桜の花びらを色ごとに集めていくゲーム。
なんといってもこのゲーム、全体的にめっちゃカワイイのです!!
和紙の箱、ついたての女の子、花びらのコマ、桜色の巾着、、、

image1

並べていくだけで、物語を読み進めていくような美しさがあります。

ある小高い丘の上に一本の桜の木がありました。
その桜の木は数十年に一度、色とりどりの綺麗な花を咲かせるという不思議な桜でした。
その色とりどりの花を一番多く集めた人は、願い事がひとつだけ叶う言われています。
(ルールより引用)

プレイ時間はおよそ20分。プレイ人数は2~4人。
内容は、巾着に入っている桜型のコマを色が3つ以上被らないように、どこまでで止めるかを考えながら引いていくゲーム。

色を被らないように引くところで悩み、相手より多くついたての中にその色を集めるために、一回ごとに戦略をたて直していくのが、シンプルだけど奥深い。

image3

ルールも難しいところはなく、ゲーム会で人が集まる前や、
ゲームはしたいけど時間がちょっと短めという時など、ぜひ一度お試しあれ。

(※2015年5月29日現在では、すごろくやさんに在庫があるのを確認しています)

image4

ひとひら

毎日、猫とボードゲームをしてくらしています。嘘です。最近ハマっているゲームは、コンコルディア。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る