おじいちゃんの遺志を継げ!「ヴィラ・パレッティ」

はじめまして、けいたです。
この4月からボドゲカフェのブログに記事を書かせて頂くこととなりました。
ボードゲームに関することとか関しないこととか書いていきます。
関しないこと書いたら怒られるんですかね。

さて、そんなわけで、最初の記事はヴィラ・パレッティのご紹介。
僕のアイコンにもなっているゲームです。
ざっくり言うなら変わり種ジェンガ。

paletti2

ヴィラ・パレッティは面白いゲームなのですが、面白さ以上の僕のお気に入りポイントは「ゲーム背景」。
このゲームには以下のような背景ストーリーがあります。

ゲームの主人公は貧乏な建築家パレッティさん。
おじいちゃんが完成させることのできなかった天まで伸びるお城を作ることが夢。
お金はないけどお城は作りたい。そこで飛び出した秘策は下の階で不要になった柱で上の階を作ること!

とんだ馬鹿野郎ですね。
不動のマイ・ベスト・背景ストーリーです。

さてさて肝心のゲーム内容。
大量の木の棒をボードの上に立てて並べ、その上に木の板を1枚置いて準備完了(建物の1階が完成)。
建物の2階部分を作るところからゲームが始まります。
1階で使っている柱を抜いて2階へあげる。抜ける柱がなくなったら3階の床を置いて柱をその上へ。
これを繰り返し、お城が完成(or倒壊)したときに一番上のフロアに一番多く柱を置いていた人の勝ち。

自分の柱をどこに置けば、踏み台にされず、より高いフロアへと持っていけるのか!?
若干の陣取り要素も楽しめます。

お絵描きしたり積み木をしたり、そういうゲームがつまらないはずがない。
是非一度お試しあれ。(ボドゲカフェにもあるよ!)

この記事を書くにあたって調べてみたら、アンドレーア・パッラーディオさんという建築家がいましたよ。
この人がパレッティさんのモデルなんですかね。
ヴィラ・パレッティのような馬鹿げた建物は立てていない、偉大な建築家のようです。

ヴィラ・パレッティ

カタンでボードゲームの世界に出会いました。好きなゲームはコリドール。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る