ボードゲーム紹介
それってどのくらい…?

ウェーブレングス

チーム対戦型の、会話系パーティゲームです。

プレイヤーはチームメンバーで協力し、メーター型のボードに描かれたターゲットの中心を針で指す事を目標とします。しかし、ターゲットの位置は隠されており、その正確な位置はチームに1人いる超能力者役のプレイヤーしか知りません。超能力者は相対する概念が書かれたカードを指針に、手がかりを通じてターゲットの位置をチームメンバーに伝えます。チームメンバーは手がかりを元に議論し針の位置を決め、ターゲットに近いほど得点を得ることが出来ます!敵チームはチームの予想からターゲットがどちらにずれているかを予想して得点を得たり、議論を惑わす発言をすることが出来ます!10ポイント先取したチームの勝利です。

指針にするカードも、「不快な事―気持ちいいこと」などから「良くないけどやめられないこと―単によくないこと」などの悩ましいものも!みんなでワイワイしながら遊べる、会話共感系ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
WAVELENGTH
作者
Alex Hague  Wolfgang Warsch(ヴォルフガング・ヴァルシュ)  
発売年
2019
メーカー
Palm Court  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る