ボードゲーム紹介
マネーが世界を崩壊させる…

京都議定書

プレイヤーは6つの大国の代表となり、地球温暖化防止会議に出席します。

会議では「世界は環境崩壊の危機に瀕している」と主張する、いくつかの極めて不吉な論文について討論、具体的な対策について話し合います。しかし、それぞれの国には裏の目的があり、自国の利益を守るために動くことになります。ゲームの終了後、得点計算を行い最も多くの得点を得たプレイヤーの勝利になりますが、会議が失敗していた場合は1位のプレイヤーが特にこの地球の未来を脅かしているとして排除され、2位のプレイヤーが勝利となります。

政治家気分でワイワイ話し合い、自国の利益を守りましょう!

ゲーム名
Kyoto
作者
Johannes Krenner  Sabine Harrer  
発売年
2020
メーカー
Deep Print Games  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る