ボードゲーム紹介
毎回違ったボードで、陣地を伸ばして点数ゲット!

キングダムビルダー

ドイツ年間ゲーム大賞2012年 ドイツ年間ゲーム大賞受賞
遊べる店舗

2012年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した「キングダムビルダー」
毎回変わるボードの組み合わせと、ボード上にコマを置いていく陣取りが特徴です。

2人から4人まで遊ぶことができます。8枚あるボードから4枚を選んでゲームボードを作成します。自分の手番では1枚だけ手札として持っているカードをプレイし、そのカードに書かれている地形と同じ場所に自分のコマを3つおきます。この時、可能であればすでに配置しているコマと隣接するようにしか置けません。それを繰り返し、誰かのコマがなくなったラウンドでゲーム終了です。勝利点はゲーム開始時に3枚公開される人物カードによって獲得できます。人物カードには様々な要素が描かれており、それに沿ってコマを配置していくことが目的となります。また、ボード上には特殊なタイルが配置されており、そこに隣接するようにコマを配置したプレイヤーは、そのタイルを獲得できます。タイルを獲得することで、毎手番ごとに1回のみ使用できる追加アクションができます。追加アクションをうまく利用して、勝利点が稼げるようにコマを配置していきましょう

「可能であればすでに配置しているコマと隣接させておかなければならない」というルールが難しく、勝利点を伸ばすために置きたいマスに置けないという状況が出てきます。なるべくいろいろな場所に配置できるよう、様々な戦略が必要となります。

ゲーム名
Kingdom Builder
作者
Donald X. Vaccarino(ドナルド・X・ヴァッカリーノ)  
発売年
2011
メーカー
Queen Games(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る