ボードゲーム紹介
ルール説明が苦手なあなたに....!

緑の幽霊屋敷

遊べる店舗

ボードゲームの今までの規格と一線を画する、
「ルールブックが入っていない」のゲームです。

山札を作り、説明が書かれたカードを読みながらゲームが進んでいきます。

今話題の”一度しか遊べない”「レガシー」というジャンルに近い要素があり、ネタバレを見ずに遊ぶとより楽しめるはずです。
10~15回遊ぶとやっとゲームシステム全体像がわかってくるので、リピート性もあります。

テンポよく手札のカード管理をするゲームで、ゲームのテーマの「幽霊」から追われていきます。
はたして、恐ろしいのは「幽霊」、それとも「対戦相手」?

購入はこちら

ゲーム名
Fast Forward: FEAR
作者
Friedemann Friese(フリードマン・フリーゼ)  
発売年
2017
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る