ボードゲーム紹介
駆け引きが楽しいおばけのすごろくです!

おいてけオバケ

沼地のオバケに気を付けながら、探検を進めていくすごろく型ボードゲームです。

プレイヤーはお宝をとりつつコマを進めていきます。駒は複数あるので進めるコマを選ぶことができます。おばけのコマをとってしまうと減点になります。また橋をかけなければ宝石を落としてしまうこと場面があります。橋をかけると他のプレイヤーは減点のリスクを回避できてしまうので橋をかけるかどうかは考え所です。最後に集めたタイルの種類の枚数ごとに得点を得ることができます。1番得点の高かったプレイヤーが勝者です。

最後にすごろくのように簡単に遊べてしっかり頭も使うことのできるボードゲームです。

購入はこちら

作者
Michael Kiesling(ミヒャエル・キースリング)  Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
2018
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る