ボードゲーム紹介
展示品を自慢しよう!相手から盗むのもアリ!?

貴族の務め

ドイツ年間ゲーム大賞1990年 ドイツ年間ゲーム大賞受賞
遊べる店舗

1990年にドイツ年間ゲーム大賞を受賞した「貴族の務め」
展示品を競り落としたり、盗んだりしながら自分のコレクションにし、自慢することで名誉を得ることを目指します。

2人から5人用ゲームですが、5人で遊ぶことをお勧めします。プレイヤーは貴族となり、自分のコレクションを展示して自慢しようとします。骨董品をコレクションとして集めるためには、オークションで競り落として手に入れるほか、ほかのプレイヤーが展示したものを盗むことで集めることができます。泥棒は展示品を盗むほか、骨董品を競り落とす時に使用された小切手も盗むことができますが、探偵に見つかってしまうと捕まってしまいます。

オークションハウスで骨董品を競り落とす場合、お城に行きコレクションを展示する場合のどちらでも泥棒が現れます。いつ展示をするのか、泥棒をするのか、探偵をだすのかが悩ましく、駆け引きが必要となるゲームです。
30年以上前のゲームですが、まだまだ衰えることのない名作ゲームです。

ゲーム名
Adel Verpflichtet
作者
Klaus Teuber(クラウス・トイバー)  
発売年
1990
メーカー
Ravensburger / ラベンスバーガー(ドイツ)  ニチユー株式会社  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る