DAZZLE(ダズル)不思議な二人用ゲーム

今回は「DAZZLE」の紹介です。

DSC_0009

ダズルは「賽苑」さんというサークルが作られたゲームです。
この「賽苑」さんはとてもおしゃれで高い戦略性を持ったゲームを作るのが得意なサークルさんです。
ゲームマーケットが今年も近いので今年は何を出してくれるか楽しみです。

さてダズルの紹介に戻りますが、ダズルはバトルラインのような二人用ゲームです。

DSC_0014

ですが、プレイできるカードは相手から渡されたカードしかも2枚
逆に自分の手札は相手に2枚ずつ渡してプレイされることを考えなければなりません。

DSC_0015

で、その渡されたカード2枚をどうするかというと、1枚は自分のパワーを高めるために、1枚は得点エリアに入れます。

DSC_0016

DSC_0018

DSC_0020

これがどちらをどちらにプレイするかが、非常に悩ましいし、自分が渡すカードは相手のカードになるので、反対に悩ませるカードを渡さなければなりません。

で、カードを使いきったら、自分のカードの数値の合計と相手のをくらべて高い方がその色の得点を総取りします。

非常に不思議なゲームです。手札の使い方や見せ方は、他のゲームではないのではないでしょうか。
面白いので、見かけた際にはぜひやってみてください。

新しさを感じるゲームが好きなボードゲームギークです。 maskMenやルイスなどオリジナルボードゲーム作ったりもしたり。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る