悪魔の針、4ヶ所同時進行トリックテイク!

今回は「シュティッヒリング(悪魔の針)」の紹介です。

悪魔の針はトリックテイキングですが、なんと4つのトリックが同時進行します。
(トリックに聞き覚えのない方はよみとばして下さい。)

DSC_0007

どういうことかというと、4ヶ所プレイ可能なところがあり、どこでも好きなカードが出せます。

そこで前のカードより上回るカードを出した時には自分のマーカーをのせます。

人数分の枚数のカードがプレイされたらもっとも大きいカードを出してマーカーを置いた人がカードをひとまとめにとります。

そんな感じなゲーム、得点カードも工夫がされていて、1回カードを回収したら、手元のカードの1枚目をオープン2回目カードを回収してしまったら、1枚目を裏向きにして、2枚目をオープンします。
事前に3枚のカードを伏せておいて、カードを回収したら表にする裏にするを繰り返して、最後に表になっているカードが得点になります。

何枚目に得点の高いカードを置くかも非常に重要です。

このゲーム特有の考えどころがあり、とても面白いです。
あまりガチになり過ぎないのも好評かといえるのではないでしょうか。
トリックテイキングというより、決算ゲームのような、そういえば、どこか定番ゲームのニムトに似たような感じもします。

非常におすすめなので遊んでみてください。

新しさを感じるゲームが好きなボードゲームギークです。 maskMenやルイスなどオリジナルボードゲーム作ったりもしたり。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る