我慢強さが勝負の分け目!?9つの戦場をカードで戦う「バトルライン」

今回は2人用カードゲームバトルライン」の紹介です。

バトルラインはアレキサンダー大王とダリウス王の戦いをモチーフとしたゲームです。
線上にならんだ9つの戦場でポーカーのような役を作り、それぞれの戦場での勝敗を決めます。
5つの戦場で勝利する若しくは3つ並んだ戦場で勝利すると勝利です。

battleline-800x533

カードの内訳は1~10のカードが6色1枚ずつの合計60枚。同じカードはありません。
1つの戦場に3枚のカードを配置し、それらで作った役(ストレート、3カード、フラッシュ、ぶた)で優劣を競います。同じ役ならより大きい数字で役を作ったほうの勝ち!
つまり、相手が出したカードよりも大きいカードを同じ戦場に配置したら勝ちやすくなるわけです。

新しい戦場に先にカードを出すのは嫌だ
でも、戦闘真っ最中の戦場に出して役を作れるようなカードは手元にない
9つのうち5つを勝てば良いわけで、どの戦場を諦めて、どの戦場で勝ちに行くか、その見極め・駆け引きが熱い2人用カードゲームの傑作です。

数字カードのほかに特殊カードも存在しており
相手のカードを盗んで自分の戦場に配置する
この戦場はカード4枚で役を作る
このカードは好きな色の好きな数字として扱う
などなど派手な効果で盛り上がることも可能です。

バトルラインは原型となる「ショッテントッテン」というゲームが存在しており、こちらは数字のカードだけで構成されており、特殊カードはありません。
派手な一発逆転劇が起こりにくいため、渋いゲームですがバトルラインよりジレンマの苦しさを味わえます

バトルラインルール、ショッテントッテンルール、あなたはどちらがお好み?
是非是非両方お試しあれ。

バトルライン

カタンでボードゲームの世界に出会いました。好きなゲームはコリドール。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る