デウス 建物建てて拡大再生産!捨て札でリソース補充!

今回はデウスの紹介です。

IMG_20141118_034940

デウスは建物を建設して文明を発展させていくゲームで、海外で高い評価,人気を得ており、ゲーム賞などがあると高い確率でノミネートされるほどです。

ゲームでやることはカードをプレイして、コマを置いて建物を建てる。
もしくはカードを捨てて(神に奉納)、何か(資源とか点数とかコマ等)を得るというゲームです。
(カード捨ててアクションて言うのは注目されたゲームでは久々に見たような気がします。)

建物の効果は建てた時に発動して、これが累積していき、拡大再生産で徐々に発展していくのがこのゲームの醍醐味です。

で、カードの効果がうまく噛み合っていくとなかなか爽快感があります。
トレカなどやっている人、やっていた人は、カードを捨てるアクションとコンボを組む感じ、お勧めです。

これを得て、得た資源でこれをして、次の番ではこれが建って、さらに麦の生産力が上がってみたいなの考えるのが楽しいです。

そういう意味で男の子が熱中しそうなゲームな気がします!

相手を閉じ込めたり欲しい土地を押さえたり、陣取りの要素もかなりあり、また建物をかためてたくさん建てるか、散らして広い範囲に建てるかみたいな建て方の問題があったり、色々な悩みどころがあります。

要は、カードを使った多彩な戦略と陣取りによるゲーム展開が面白いおすすめのゲームです。

7月にちょうど日本語版がでたみたいなので、気になる方はチェック!

※拡大再生産
ボードゲーム用語 生産(資源、点数をなどを得る)によって得た資源を使って、建物などを発展させて、さらにその資源などを得る、拡大と再生産がおこるゲームのことを表す言葉。

新しさを感じるゲームが好きなボードゲームギークです。 maskMenやルイスなどオリジナルボードゲーム作ったりもしたり。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る