ラミィキューブやるなら必須!?のタイマーアプリ「Turn Timer」

turmtimer00

先日JELLY JELLY CAFEにご用意しました「ラミィキューブ」。非常に頭を使うゲームなのですが、それゆえに時間がかかってしまう場合があります。

「あれとあれをくっつけたら手札のタイルが出せるな・・・あ、そしたらこれもいける!これもいけるんじゃないか・・・・?あっダメだ余っちゃう。」
なんてのを考える訳ですが、ゲーム後半になってくるとこういう状況が毎回続いてしまい非常にゲームのテンポが悪くなってしまいます。制限時間を設けるといいのですが、そういったツールもない…そんな時に便利なのがこのアプリです。

Turn Timer

アプリはiphone用です。時間は1分か2分を選ぶことができます。デザインは超絶シンプルで、1秒ごとに「コツ…コツ…」とタイマーが進み、残り時間が少なくなると音の間隔が早くなり、焦らせてきます。時間が表示されていないので、残り時間は感覚でしか分かりません。手番を終了するプレイヤーは画面をタップ。以上です。え?普通の携帯のタイマーでいいんじゃないかって?

普通のタイマーは開始→停止→リセット→開始という手順になります。スマートフォンの場合だと1プレイヤー約4タップでしょうか。しかし、このアプリは違います。次のプレイヤーに移るまでのタップ数はなんと1タップで済んでしまうのです。どういうことかというと、手番終了時に画面をタップしますが、その1タップでタイマーがリセットされ、自動的に開始されるのです。

これによってゲームのテンポが劇的に上がります。さらに、相手に考える時間を与えないという選択肢も出てきます。ラミィキューブや制限時間を必要とするゲームには必須ではないでしょうか。

ボドゲに限らずゲーム全般がすき。チョコとラムネと鳥もすき。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る