遊んでもらいたいボードゲーム紹介:コンコルディア

IMG_20150510_212634

今回はコンコルディアというゲームを紹介します。
分かりやすくシンプルなルールでありながら、本格的かつ独特なプレイ感を楽しめるとても面白いゲームです。

コンコルディアは古代ヨーロッパを舞台にコストを払って各地の都市に家を建てたり、建てた家から資源を産み出したり、それらを売買したりといった様々なアクションを駆使して得点を獲得していくゲームです。

各プレイヤーは様々なアクションが書かれた同じ内容のカードのセットを手札として持っており、時計回りに自分の手番になったらその中の1枚を選んでプレイし、対応するアクションを行います。1枚選んでプレイする。それだけ。アクションの種類も9種類とそんなに多くはありません。

ではこのゲームは単純か?というと決してそうではなく、このゲームならではの特徴があります。

一つ目は、プレイしたカードは捨て札となるため、次から使えないということです。
別のカードをプレイすることで、捨て札をまた使えるようになるのですが、それは一手パスに近いため、できるだけやりたくない。つまり減っていく手札の中で出来るだけ順序良く効率的にアクションを行うためにはどうすればいのか?を考える必要があります。これが非常に悩ましくて面白い。

二つ目は、カードはアクションを行うためではなく得点源にもなるということです。
アクションの一つにカードを購入して手札を増やすというものがあるのですが、これはアクションを増やすだけでなく、得点を増やすことにもなるのです。但しカードを購入するためにはコストが必要なので、手に入れた資源をカード購入に使うのか家を建てるなど他のことに使うのか、ここでも悩むことになります。

三つ目は、ここが私が一番好きなところなのですが、どのようなアクションを行ってもプラスになるということです。プラス5点かプラス10点かの差はあるかもしれませんが、あまり気にしないで大らかな気持ちでプレイしても楽しめるところがとても気に入ってます。

ゲームボードとカードのアートワークも素晴らしく、お薦めのゲームです。

購入はこちら

ボードゲーム歴8年ぐらい。最初に買ったゲームはカタンの開拓者。 自分がインストしたゲームで「楽しかった」と言ってもらえるととても嬉しいです。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る