遊んでもらいたいボードゲーム紹介:カタンの開拓者

みなさんはじめまして

このblogに記事を書かせていただくことになりました猫山です。
ここではボードゲームについて、最近遊んだものや気に入っているものを書こうと思います。
拙い文章で恐縮ですが、よろしくお願いします。

ということで、最初の記事は「カタンの開拓者」です。
今更な感じもありますが、最初に買ったボードゲームで思い入れが強いので。

カタンの開拓者はドイツのボードゲームの中で定番中の定番とも言えるゲームです。

カタンの面白さは盤面上の陣取り、手札の管理、プレイヤー同士の交渉
といった複数の要素が絡み合い、上手く立ち回ることで不利な状況であってもなんとかなったりするところ。
そしてダイスの目やカードの引きの運要素もあるため、展開が読めない。
つまり勝っていても油断できないし、負けていても諦めきれない。これがとても楽しいです。

また、拡張もいくつか日本語版で出ているので飽きることなく遊べると思います。

ボードゲームは初めてという人には、ちょっとルールが複雑かな?とも思いますが、
もしまだ遊んだことがないのであれば是非お勧めしたいです。

IMG_20140831_201505

カタンの開拓者

ボードゲーム歴8年ぐらい。最初に買ったゲームはカタンの開拓者。 自分がインストしたゲームで「楽しかった」と言ってもらえるととても嬉しいです。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る