ボードゲーム紹介
この動物も飼おう!あっ、場所が足りない!

ズーロレット

ドイツ年間ゲーム大賞2007年ドイツ年間ゲーム大賞受賞

それぞれ動物園の経営者となり、いろんな種類の動物を集めてお客さんを呼びます。

プレイヤーは自分の順番が来るたびに動物タイルを引いてトラックに置くか、トラックを1つとってラウンドから抜けるか、お金を使ってアクションを行うか選択できます。もちろんたくさん動物の乗ったトラックをとったほうがいいのですが、動物園に飼えないほどの動物を引き取ると最後にマイナス点になってしまいます。また、動物園のスペースがないのに引き取ってしまった動物は、他のプレイヤーに買い取られてしまうかもしれません。
引き際がとても大事ですが、なんだかんだ運によるところも大きいゲームです。ぜひ遊んでみてください。

購入はこちら

作者
Michael Schacht(ミヒャエル・シャハト)  
発売年
2007
メーカー
ABACUSSPIELE/ アバカスシュピール(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る