ボードゲーム紹介
名前はナンジャ?モンジャ!

ナンジャモンジャ・シロ

個性的なキャラクターのカードを使う「ナンジャモンジャ」。素早い判断力と、ネーミングセンスが問われる?ゲームです。

2人から6人用ゲームで、カードをよく切り、山札としてテーブル中央に置きます。手番プレイヤーは山札からカードを一枚めくり、そのカードのキャラクターに対して名前を付けます。名前はなんでも構いません。「ジェリー」でも「カフェ」でも、「たかし」でもOKです。次のプレイヤーも同様に山札からカードを1枚めくり、前のカードに重ねておきます。この時も名前を付けます。ただし今までに名前の付けられたカードだった場合、その名前を叫びます。一番早く名前を叫べたプレイヤーは今までに重なったカードを全て受け取ります。山札がなくなるまで繰り返し、一番多くのカードを持っているプレイヤーの勝利です。

このゲームに必要なのは素早い判断力と、なんとも言えないネーミングセンスです。わざと覚えにくい名前にするのもアリかもしれません。盛り上がること間違いナシのゲームです。

ちなみにナンジャモンジャとは、見慣れない植物などにつける愛称のようです。

プレイ動画

ナンジャモンジャ・ミドリ
購入はこちら

ナンジャモンジャ・シロ
購入はこちら

ゲーム名
Toddles-Bobbles(Головоноги)
作者
Лебедева Алёна(リーべディバ・アリョーナ)  
発売年
2010
メーカー
Simple Rules(ロシア)  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る